シアリスの効果

シアリスの効果

シアリスはアメリカのイーライリリーアンドカンパニー社から製造や販売されており、現在では世界の勃起薬の中で売上が第1位になり、全体の40%占めるほどの人気のある薬です。

シアリスが男性器の勃起に対してどのように作用するのかですが、これはバイアグラやレビトラといったほかのED治療薬と同じ仕組みです。


どのように作用する?

男性器が勃起するには、cGMPという成分の働きによって血管が拡張されなければなりません。これによって血液が多く流れることで、男性器は正常に勃起します。しかし、PDE-5という酵素はcGMPを壊す働きがあるため、これが活発になると血管が拡張されずうまく勃起しなくなります。これがEDの原因です。

これらのED治療薬はPDE5阻害剤と呼ばれるもので、文字通りPDE5を阻害する働きがあります。このPDE5、正しくは5-ホスホジエステラーゼという酵素なのですが、これには血管を拡張させる働きをもつ環状グアノシン一リン酸を壊す効果があります。男性器の勃起にはこの環状グアノシン一リン酸が欠かせないため、これを壊すPDE5の働きが活発だとうまく勃起できなくなります。これがEDの原因であり、PDE5の働きを阻害するシアリスによって治療ができるのです。

シアリスの効果は陰茎部内での血流を留めることを阻害する酵素の働きを抑え、陰茎に向かう血管を拡張することで勃起力を回復させます。他の勃起薬に比べ、効果がマイルドと言われています。


抜群の持続性-最大36時間

シアリスは服用してからおよそ1時間から3時間程度で効果があらわれます。これは、他の勃起薬と比べてゆっくり作用しますが、その日の体調や空腹具合などによっても左右されます。シアリスの効果が発生する時間はゆっくりなものですが、持続力は他の勃起薬を圧倒する持続時間を持ち、最大量の20mgであれば最大36時間も効果が持続します。休日での使用ではシアリス1錠あれば間に合うほどです。最大36時間

36時間の持続力と聞くとそんなに勃起が持続してしまうのかと不安になるかもしれませんが、シアリスをはじめとする勃起薬は、服用すればすぐに勃起するわけではありません。効果があらわれても、性的刺激がなければ何も反応しないのです。ですからところ構わず勃起してしまう心配はありません。そのため、性的刺激を受けるまでは効果があるのかわからないかもしれません。

そのため、何度でもセックスにチャレンジすることができますし、スローセックスをしても途中で萎えるようなことはありません。


食事の影響を受けにくい

世界で初めて認可されたED治療薬であるバイアグラには、食事の影響を強く受けるという弱点がありました。これを解消すべく開発されたレビトラは、バイアグラに比べて食事の影響を受けにくくなっています。また、レビトラよりもさらに食事の影響を少なくしたのが、シアリスです。

アルコールに関しても同様に問題ありません。適度にお酒を嗜むのであれば、アルコールが持つ鎮静効果がシアリスにより良い相乗効果を生み、落ち着いて彼女との一夜を楽しむこともできます。

そして、シアリスを一度服用して3~4時間経ち、成分を吸収してしまえばその後は食べても飲んでも影響を受けることはなくなります。