ED勃起不全の改善と治療法

EDとは、男性の性行為において十分な勃起が得られない、または維持できないから満足な性行為を行えない状態のことです。前にはインポテンスと呼ばれましたが、差別的であることから勃起障害、EDと呼ばれるになりました。

食事でEDを改善する

食事でEDを改善する

生活習慣病になるとEDを発症するリスクが高まるとされています。その生活習慣病と関係性のある食事を改善することでED改善へと繋がります。特に毎日食事に関しては、栄養バランスの摂取を敷衍にすると生活習慣病に繋がりやすく最も大切な要素となります。

EDを改善するためには毎日の食事に対して気を配らなければならない。少し難しいように思えますが、食事を変えるだけでED改善に繋がると考えると前向きになれます。食事によって、体内に取り込まれる栄養素が決まっています。特にEDの改善に有効となる栄養素を3つに絞ると亜鉛、アルギニン、セレンが挙げられます。

亜鉛

亜鉛は生殖機能に大きく関わる前立腺や睾丸といった箇所に多く存在しているから、亜鉛不足は男性機能の低下につながり、テストステロンの分泌量の低下を引き起こします。それに、テストステロンの分泌量が低下すると性欲の減退やうつ状態といった精神的な問題を引き起こしてしまいます。亜鉛が多く含まれる食べ物と言うと牡蠣やウナギというものが有名です。でも、これらの食べ物は日常的に食べるのは難しいから安く手軽に食べられるシジミを摂るようにしましょう。シジミの味噌汁なんかにすると気軽に亜鉛が摂ることができます。

アルギニン

アルギニンは必ずアミノ酸の1つで老化を防いで抵抗力を上げる働きを持っています。動脈硬化を改善して勃起に必要な血管を拡張する効果があります。他にも男性ホルモン量を増やして精子の生産量を上げる役割があります。アルギニンが多く含まれている食材は牛肉、鶏肉、大豆、えび、ナッツなどがあります。

セレン

セレンには抗酸化作用があり神経機能を向上させデトックス作用などの働きを持っています。男性機能を高めたりやがん予防対策にも効果があります。セレンが多く含まれている食材はマグロ、かつお、納豆、小麦、玄米などがあります。

精力剤でEDを改善する

EDを改善するものとして知られていないのが精力剤です。ED治療薬と精力剤を同じものだと勘違いする方もいますが根本的な役割に違いがあります。ED治療薬はあくまで体の血流を改善して性欲が高まると陰茎が勃起するように促す薬です。

サプリメントによって精力剤はミネラルやアミノ酸が配合されたものを服用しやすいように錠剤やカプセルの形状にしています。どちでも普段の食事では補えない栄養素を短時間で摂取できるように開発されたものです。このような精力剤を定期的に服用すれるなら体の機能向上や男性ホルモンを活発にして男性機能を高めることが可能となります。

EDの治療法

EDの治療法

ICI治療

ICI治療は、陰茎海綿体注射とも呼ばれる治療方法です。注射によって陰茎海綿体に血管作動薬を直接注入することで勃起を促します。最初に勃起の誘発が確認されたのは塩酸イソクスプリンという成分ですが、その後に何種類かの成分も同様に勃起を誘発することが確認されて、現在はそのなかで最も効果が高く、副作用も少ないPGE1という成分を用いるのが主流となっています。

ICI治療は、ED治療法の中でも効果が高いものとして知られています。基礎疾患別の有効率では、6割~9割ほどと高い有効性を示しています。海外のデータでも7割~9割ほどの有効率であったという結果が出ているから、国の内外を問わず重宝されています。それに、最初の治療ではうまく勃起しないケースもありますが、繰り返し治療を行うことで改善されることもあります。

陰圧式勃起補助具

陰圧式勃起補助具とは、PDE5阻害薬を効果できない時に用いられることが多い治療用器具です。この器具を使用すれば、擬似的な勃起状態を作り出すことができます。

手順としては、筒状の器具の中に陰茎を挿入します。次に専用のポンプを使い、器具のなかを陰圧の状態にします。器具内が陰圧になると血液が流れ込んでくるから、強制的に陰茎に血を集めることができます。これによって擬似的な勃起状態を作り出し、陰茎根本にゴムバンドをすることで勃起を維持します。ただし、長時間ゴムバンドをするという血してしまうから、30分以上締めっぱなしにしないよう注意が必要です。