シアリスの副作用

シアリスの副作用

薬には副作用がつきもので、それはED治療薬も例外ではありません。勃起薬の特徴的な副作用として多い症状は以下のような症状になります。

顔のほてり、紅潮、頭痛、目の充血、動悸、等

これら顔や頭部、循環器系への副作用は勃起薬の特徴的な副作用で、それは同時に勃起薬の特徴である血管拡張作用の影響を受けるために起こるものです。シアリスにおいては他の勃起薬に比べて血管拡張作用の選択性が高いことにより、これらの勃起薬の特徴的な副作用は大幅に抑制されています。これらの副作用が起きたとしても症状は軽微なまま治まることがほとんどです。

シアリスはED治療薬の中でも非常に高い効果を発揮するお薬です。当然、シアリスにも副作用のリスクはありますが、バイアグラやレビトラに比べると副作用が起こる割合は低いです。バイアグラやレビトラの場合、福祉作用が起こる可能性は8割程度と言われていますが、シアリスの場合には副作用が起こる可能性は3割程度です。

シアリス以外の勃起薬だと紅潮や目の充血など特徴的な副作用により、勃起薬を服用していると気づかれてしまう可能性がありますが、シアリスは特徴的な副作用が起こる事は殆どない為、副作用のせいでシアリスの服用を気付かれる事はほぼないでしょう。

シアリスは他の勃起薬と比較して緩やかに効き始め、より選択的に陰茎を始めとした股間部に作用すると言う特徴があります。ただ、全く勃起薬の特徴的な副作用が出ないと言う訳ではなく、副作用は抑えられてはいるものの体質によっては出てしまうことを理解しておきましょう。勃起薬

シアリスで比較的出やすい副作用には、頭痛やほてり、消化不良などがあります。臨床試験では背痛や筋肉痛も確認されていて、こういった症状もよくみられます。めまいや鼻水、鼻づまり、下痢などが起こることもあります。稀に起こる副作用としては、視覚への影響があげられます。眼痛や結膜炎など目そのものに関するもののほか、物が青く見えたり青と緑の区別がつきにくくなったりといった色覚異常を訴えるケースもあります。

軽度の副作用であれば身体への影響は少なく、少し気になる程度のものであるためそのまま使い続けても問題はありません。ある程度の副作用は仕方がないといえます。しかし、その程度が大きかった場合にはすぐに病院やクリニックで診てもらうようにしましょう。当然、異常を感じた時点で服用も中止してください。

ED治療をしたいものの、副作用が心配…こうした方はバイアグラやレビトラではなく、シアリスを選ぶようにしましょう。