喫煙・飲酒でEDになるって本当?

EDと喫煙

EDは、生活習慣病によって引き起こされることもあります。原因は、陰茎周辺の血液が滞り、勃起が抑制されてしまうためです。EDには普段の生活習慣が深く関与しており、その中でも喫煙・飲酒は大きな危険因子となるものです。


ED患者の80%以上が喫煙者

タバコに含まれる有害物質は、血管内の細胞を傷つけ、血管内皮障害を引き起こします。すると、血管内で一酸化窒素が減少します。陰茎周辺の動脈硬化によって血流を滞らせ、EDを引き起こします。もちろん、動脈硬化は全身にも及ぶわけですから。ED以外の生活習慣病の引き金にもなります。

EDの80%以上が喫煙者というデータがそれを裏付けています。また、ED治療薬の効果がタバコで落ちる場合もしばしばあります。

また、タバコに含まれるニコチンには末梢血管を収縮させる作用があり、これによっても陰茎周辺の血流は悪化。陰茎への正常な血液循環が阻害され、EDを引き起してしまうのです。

セックスが終わった後にベッドでおいしそうにタバコをふかすシーンは映画などの定番的な演出の1つです。しかし、喫煙はEDの原因になるばかりでなく、多くの病気を引き起こす原因にもなります。

また、ヘビースモーカーのED患者に1ヶ月間の禁煙生活をさせるという研究では、速やかにペニスの硬度と膨張度が改善されたというデータもでています。喫煙者の方は、EDの予防・改善のためにも禁煙生活に取り組んでみてはいかがでしょうか。


お酒の影響で勃たない人はEDになりやすい?お酒の影響

「多量の飲酒は様々な問題を引き起こしますので、程々にお飲みください。」中には、ED治療薬を使う時は全くお酒を飲んではいけないと思っている方もいますが、少量であれば大丈夫です。

お酒のたくさん飲むことで、アルコールに含まれるエタノールの量が増えることになります。その結果、血中のエタノール濃度が高まります。適度にエタノール濃度が高まる分には、性欲は向上し勃起もしやすくなります。

過度な飲酒は、脳の神経細胞に影響を及ぼします。中枢神経に作用して脳を麻痺させることから、正常な勃起のメカニズムを阻害し、EDを引き起こすのです。酔った勢いでホテルに行った際、勃ちが悪くなる人も少なくありません。これも飲酒によって脳が麻痺し、神経が正常に作用しないことが原因といえます。

さらに、習慣的に過度な飲酒をするようになると、脳が縮み始め、全身において様々な病気のリスクを高めます。その影響は男性機能に関わる性腺や生殖器にも及び、EDはもちろん、男性ホルモン低下や睾丸萎縮といった症状までもを引き起こしてしまいます。

ただ、その“適量”は個人差が大きく、明確にお伝えすることはできませんので、普段の半分ぐらいまでにしてはいかがでしょうか。ED治療薬は陰茎の血管が主ですが、他の臓器の血管も拡張させるので、血の巡りが良くなり、お酒の回りも早くなります。