レビトラとはどんな薬?

ED治療薬レビトラ

レビトラ錠はバイアグラの登場に続きドイツ・バイエル社から発売されたED治療薬です。剤形は画像の通り円形の外形の淡黄赤色(オレンジ色)のフィルムコーティング剤なので見た目はオレンジでも中身は白い薬剤です。

日本ではバイアグラの発売が開始された翌々年の2001年12月に厚労省に承認申請を行い、2004年4月に製造販売が許可されました。その後、2004年6月に[5mg]と[10mg]のレビトラの発売が開始され、[20mg]に関しては3年後の2007年7月に発売されました。

レビトラの名前の由来について。レビトラは英文で「LEVITRA」、これは「le」と「vitra」の意味から成ります。フランス語で男性定冠詞の「le」、ラテン後で生命を意味する「vitra」つまり「男性の生命」という意味が込められているのです。

レビトラの小冊子や薬剤の箱に炎のマークが書かれています。これは発売当時に竹越院長がバイエル薬品の社員の方から聞いたのですが、これはマッチの炎で「こすればすぐに着火する」、つまり「素早く効く」「服用してすぐ効く」などの意味合いが込められているそうです。

レビトラは有効成分としてバルデナフィルを含有しています。「レビトラ20mg」とは有効成分としてバルデナフィル塩酸塩水和物23.705mgうちバルデナフィルとして20mg含有しているという意味です。このバルデナフィル塩酸塩水和物は、白色~若干黄色がかった結晶性の粉末で、エタノール(99.5)又は水にやや溶けやすい性質を持って、勃起を持続させるのに必要なcGMPを壊すPDE5を阻害(抑制)する作用により、勃起を促進します。ストックフォト

また、バルデナフィルは、水に溶けやすい性質があることから、最高血中濃度に達する時間も0.7~0.9時間(42分~54分)と、他のED治療薬と比べて早くなっています。こうしたことから、レビトラは速効性があり、短時間で強力な効果が得られるのが特徴となっています。

レビトラはバイアグラと比較して即効性(服用後およそ15分)があり、持続時間も5時間~10時間程度と長く、比較的食事による影響を受けにくいED治療薬です。また、バイアグラで効果が出なかった方や糖尿病、前立腺ガンの治療後の方でも効果が見られるという発表がされています。

レビトラは、現在、日本では5mg、10mg、20mgの3種類が認可されています。ただ、5mgだと効果が低すぎるので、10mgか20mgの種類から選ぶことになります。一般的に、10mgで5~6時間、20mgで8~10時間くらい効果が持続するとされています。これは、個人の体質やコンディションによっても多少異なるので、一応の目安と考えておくことです。