バイアグラって、女性が服用すると効果があるの?

バイアグラといえば、多くの方は「男性専用のED治療薬」というイメージをお持ちではないでしょうか。そんなバイアグラを万が一女性が服用した場合、どうなるのでしょうか。

バイアグラが女性を服用する

 

バイアグラに含まれる成分の主な効能は、男性の持つ勃起力を抑制する分泌物を破壊する、というものだからです。そもそも男性器のない女性には効果はありません。しかし、女性にも効果がある、という報告がされているのも事実です。バイアグラはもともと狭心症の薬の副産物として生み出されたものであり、この狭心症の薬には血管を拡張する作用があるからです。血管を拡張するという効果は男性・女性を問わず現れるため、女性にも効果がある、という噂が流れているのです。

男性がバイアグラを服用すると、血液量が上昇します。全身はもちろん、陰茎への血の巡りも良くなり、勃起を促進させます。これにより、EDの症状を改善することができます。そんなバイアグラを女性が服用すると、男性が服用したときと同様、血液量が上昇し、全身の血行が良くなります。そして、下半身の血の巡りも良くなり、膣やクリトリス等の女性器の神経が敏感になるといわれています。女性は、女性器が敏感になると性的興奮度が増し、性欲が増進します。その結果、オーガズムに達しやすくなり、普段よりも満足度の高い性行為を楽しむことができます。

ピンク薬

また、一説によると女性の身体にある、男性でいうところの陰茎にあたるクリトリスをバイアグラが敏感にさせるという効果もあります。しかし、この例には敏感になるだけでなく、痛みを感じるようになった、という報告もあります。因みに海外ではウーメラというバイアグラと同じ有効成分を持つ『女性用バイアグラ』が販売されているほどです。この薬の効用は女性器及び女性器周辺の血流を良くし感度を上げるというものです。不感症やオーガズム不全の改善効果があると言われています。

女性にも効果があるというバイアグラですが、女性におけるこういった症例は、正式に認められたものではありません。また、バイアグラは男性用に作られた医薬品ですので、本来の用途以外に使用するということは思わぬ健康被害を招きかねません。また、もしも相手の女性が心臓疾患などを抱えている場合、バイアグラを服用することで大きな危険を背負うことになってしまうという可能性もあります。それに、バイアグラは基本的に売買も譲渡も違法となっています。バイアグラを始めとするED治療薬を女性に無断で服用させるといった行為は絶対に止めるようにしましょう。